ワキガの臭い

ワキガ治療と臭い対策はアポクリン汗線の汗を抑え、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えて汗がエクリン汗線から混ざり合うことを防ぐことが重要です。わきがと同じように思われている多汗症には臭いがありません、ワキガはアポクリン腺からの汗が原因で発症するのに対して多汗症は汗の分泌量が多い症状なのです。

スポンサード リンク

ワキガの臭いと汗臭いことの違い

ワキガの臭いの元は、その汗に含まれている成分が原因です。
アポクリン腺から分泌される汗に脂肪や鉄分が含まれていますので、それが酸化し臭いが発生するのです。

 

もちろんエクリン腺から分泌される汗も酸化し臭いが出ますが、アポクリン腺の汗に比べ、酸化する時間がかかります。

 

ですが、その臭いはまたワキガとは違います。
ワキガは意外と本人は気づかないこともありますが、周囲にはかなりきつい臭いです。

 

ワキガ体質には特徴があります。
まず耳垢が柔らかい、ワキ汗が多い、ワキ毛が濃い、家族にワキガの人がいるなどです。
シャツの下が黄ばむこともあります。
その特徴に心当たりがある人は、ワキガを疑ったほうが良さそうです。

 

また、単に汗臭いのとは違います。
普通の汗も放置していると酸化し臭ってくるのは当り前のことです。

 

また疲労が蓄積したり、ホルモンバランスの崩れでも体臭は出てきますので、日々の体調管理や食事のバランスに気を付け対策することも大事です。

スポンサード リンク




Google |フェイシャルエステ |洗顔石鹸 |ケミカルピーリング |抜け毛|女性薄毛 |円形脱毛症 |女性求人 |ソーラー発電 |がん保険の比較と選び方 | join|yahoo |

検索順位チェックツールseo-R Free PageRank Display