ワキガ 原因

ワキガ治療と臭い対策はアポクリン汗線の汗を抑え、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えて汗がエクリン汗線から混ざり合うことを防ぐことが重要です。わきがと同じように思われている多汗症には臭いがありません、ワキガはアポクリン腺からの汗が原因で発症するのに対して多汗症は汗の分泌量が多い症状なのです。

スポンサード リンク

ワキガの原因とは

ワキガの原因について紹介します、人間の皮膚には、汗が出る汗腺という穴があります。
その汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。

 

エクリン腺は全身に渡って分布しています。
そこから分泌される汗は体温調節する働きがあり、汗の成分は薄いです。

 

それに比べワキガの原因とされているアポクリン腺は、ワキの下・乳倫・へそ周り、外陰部など限られた場所に存在し、そこから分泌される汗も脂肪や鉄分・アンモニアなどが含まれています。

 

このアポクリン腺から出る汗の成分が空気に触れることによって酸化し、臭いを発することがワキガの原因です。

 

ワキガと言われる体質は、このアポクリン腺が多いことが原因です。
日本人には少ない体質ではありますが、そのワキガ体質は遺伝することが多いようです。

 

また、食生活の欧米化がワキガ体質を強くする原因とも言われています。
元々アポクリン腺がある人が、動物性たんぱく質や脂肪の多い欧米型の食事を続けることによって、分泌が活発になることもあるようです。

 

ワキガ対策としては原因となるアポクリン腺の除去という方法もありますが、その前に食生活の見直しも必要かと思われます。

 

スポンサード リンク




Google |フェイシャルエステ |洗顔石鹸 |ケミカルピーリング |抜け毛|女性薄毛 |円形脱毛症 |女性求人 |ソーラー発電 |がん保険の比較と選び方 | join|yahoo |

検索順位チェックツールseo-R Free PageRank Display