ワキガ 対策

ワキガ治療と臭い対策はアポクリン汗線の汗を抑え、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えて汗がエクリン汗線から混ざり合うことを防ぐことが重要です。わきがと同じように思われている多汗症には臭いがありません、ワキガはアポクリン腺からの汗が原因で発症するのに対して多汗症は汗の分泌量が多い症状なのです。

スポンサード リンク

ワキガ対策について

ワキガに対しての対策はどのようにしていけばよいのか、悩んでしまっている人も多いのではないでしょうか? 

 

ワキガの原因はアポクリン汗線から出た汗と皮脂線から出た脂分が混ざり、雑菌に分解され独特の臭い、ワキガ臭となる症状なのですが脇が臭うからワキガであるとは限りません。ワキガに対しての対策のためには、自分がワキガであるか知ることが大切なので美容整形か形成外科で確認してみましょう。

 

ワキガの診断方法にはいくつかありまして、切開によるアポクリン腺の確認。 耳垢が湿っている。耳垢が湿るのは、耳の中にあるアポクリン腺からの汗が原因で耳の中にあるアポクリン腺は幼少の頃から発達しているので、腋臭臭が発生する思春期以前から確認できます。

 

そして、もし、「ワキガ」と診断されたらいくつかのワキガの予防、対策と治療方法を検討してみましょう。

 

@自分自身でワキガ臭の軽減対策。
脇に使える制汗剤、消臭剤を試す。石鹸の見直し。デオドラント剤、体臭・多汗症用サプリメント、ワキガクリーム、ワキガ治療薬など
※ワキガや多汗が気になるからといって、殺菌剤入りのデオドラント剤を乱用はしないようにしましょう、
デオドラント剤を使い続けて雑菌を殺すと、ワキガの臭いが以前より、ひどくなるとも言われていますので殺菌剤系のデオドラント剤は、3日使ったら1日休むようにしましょう。

 

A汗を吸収する対策。
汗取りパット、下着の素材を消臭、速乾商品に変更する。
Bお風呂、シャワーなどで常に体、脇を清潔に保つ。
下着の素材を消臭、速乾商品に変更してワキだけでなく体全体を常に清潔にする。

 

C食生活、生活習慣の見直し。
Dワキガの根本的治療をする。
例えばボトックス治療。レーザー治療。マイクロシェービング法。プレミアムトリプル超音波吸引法。
Eワキガ手術

 

スポンサード リンク




Google |フェイシャルエステ |洗顔石鹸 |ケミカルピーリング |抜け毛|女性薄毛 |円形脱毛症 |女性求人 |ソーラー発電 |がん保険の比較と選び方 | join|yahoo |

検索順位チェックツールseo-R Free PageRank Display