ワキガ治療の手術

ワキガ治療と臭い対策はアポクリン汗線の汗を抑え、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えて汗がエクリン汗線から混ざり合うことを防ぐことが重要です。わきがと同じように思われている多汗症には臭いがありません、ワキガはアポクリン腺からの汗が原因で発症するのに対して多汗症は汗の分泌量が多い症状なのです。

スポンサード リンク

ワキガ治療の手術と口コミ

ワキガ,治療,手術,口コミ

ワキガ治療はもともと病院の皮膚科や形成外科で行われていましたが、入院が必要だったり、傷跡が目立ったりと難点がありました。もっと手軽に短時間でワキガ手術、治療を求める声に答えて美容外科で傷跡を目立たないようにワキガ治療が出来るように始まったようです。

 

ワキガ治療の手術には一般的に皮下組織削除法、剪除法、吸引法、切除法などがあるようですが、ネットの口コミ情報とワキガ手術体験談を調べましたら今、人気のワキガ手術は共立式ニューローラークランプ法という方法でした。共立式ニューローラークランプ法はローラーで皮膚を上から押さえながら特殊な刃の付いたカニューレ(吸引管)で皮膚の裏側からアポクリン腺などを吸引除去するワキガ手術のようです。手術費用はちょっとわかりませんでした。

 

皮膚のすぐ下にあるアポクリン腺、皮脂腺をスムーズに吸引、除去することができる手術で、ワキガ治療の手術の時間は約20分位で終了できるようです。この手術はわりと簡単なワキガ手術なので好まれているのですね。この共立式ニューローラークランプ法の手術のメリットは手術後に小さな傷口にテーピングをする程度で傷跡が殆ど残らないワキガ手術なので安心して受けられるようです。

 

次に体験談で多かったのは再発の心配もなく治療効果の高い方法でマイクロリムーブ法というワキガ手術でした。マイクロリムーブ法は、わずか1センチ弱の入口から治療器を挿入してワキガ治療をする手術のようです。

 

マイクロリムーブ法の手術では、米国製のマイクロシェービングコンソーラーという医療器具を使用してごく細いハンドピースの先端についたマイクロチップの回転エネルギーにより、まんべんなくアポクリン汗腺を粉砕、除去する方法で大きな切開を必要としないため、傷痕の心配もほとんどなく、回復も極めて早いというワキガ手術方法のようです。

 

他に口コミサイトで人気があったのは、アキシラレーザーというワキガ手術で、カニューレという管を脇の皮下に挿入し、皮膚の裏側から直接汗腺にレーザーを照射する方法でした。他のワキガ手術に比べ、針穴ほどの傷口から治療が可能ですから、皮膚に極力ダメージを与えない方法となっていて評判がよいようです。又この方法は切開しない治療なので、手術後の引きつれもないところが人気が高い理由のように思いました。


スポンサード リンク




Google |フェイシャルエステ |洗顔石鹸 |ケミカルピーリング |抜け毛|女性薄毛 |円形脱毛症 |女性求人 |ソーラー発電 |がん保険の比較と選び方 | join|yahoo |

検索順位チェックツールseo-R Free PageRank Display