ワキガ 治療

ワキガ治療と臭い対策はアポクリン汗線の汗を抑え、皮膚表面の雑菌の繁殖を抑えて汗がエクリン汗線から混ざり合うことを防ぐことが重要です。わきがと同じように思われている多汗症には臭いがありません、ワキガはアポクリン腺からの汗が原因で発症するのに対して多汗症は汗の分泌量が多い症状なのです。

スポンサード リンク

ワキガ治療について

ワキガ,治療

ワキガと遺伝というものには密接な関係があります。子供のことも心配な方もおられるでしょう、ワキガは根本から確実に治すためにワキガ治療で手術が必要な人も居ると思いますからワキガ 治療については手術と分けてまとめてみました。

 

ワキガを根本的に治療する場合に考えたいことは今ではワキガ治療の手術で失敗はほとんどありませんが、治療を行う前に、インターネットサイトの口コミや体験サイトで情報を収集してから美容外科や病院の皮膚科などのホームページで各ワキガ治療の方法や価格など比較をしてみましょう。

 

各医院でのワキガ治療方法や手術の特徴、治療後のケアなど詳しく説明している病院の皮膚科や美容外科を選んで更にワキガ治療にかかる時間、費用、日数などなど具体的に比較しましょう。

 

余談ですが近ごろ芸能人のワキガについての噂、情報が増えてきています、例えば木村拓哉さん、倖田來未'さんなど、しかし芸能人の行く美容外科が必ずしも良いところとは限りませんからね。

 

予備知識として覚えておいてほしいワキガ治療は手術と保存方法があります。手術については別途詳しく書きますが、ワキガ治療の手術は健康保険を適用することができますが保険が適用されるのは皮弁法だけのようです。又、健康保険の適用と臭いの強弱、腋毛の範囲には一切関係がないそうです。ここでは保存方法について書きます。

 

ワキガ治療の保存方法では、制汗剤を使用して治療します。制汗剤は殺菌効果があります、皮膚常在殺菌を殺し、汗などが分解されるのを軽減する作用があり、臭いを軽減させる方法です。

 

あくまでもワキガの臭いを軽減させる治療方法でして、一時的に臭いを抑える治療方法です。その他のワキガの治療に脇のエクリン線アポクリン線にボトックスを点状に打って行くボトックス注射治療方法もあります。このボトックス注射治療は汗線の働きを抑えて汗の量を軽減する効果があります。

 

その他の治療では腋毛の処理をすることにより、腋に汗などの皮膚分泌物が多量に保持されるのを防ぐ方法があります、その場合はクリームを使う方が安全です。ワキガ治療として脱毛で腋毛の処理をする場合、腋の皮膚を傷めると制汗剤も使用できなくなる場合があるので、十分な注意が必要です。


スポンサード リンク




Google |フェイシャルエステ |洗顔石鹸 |ケミカルピーリング |抜け毛|女性薄毛 |円形脱毛症 |女性求人 |ソーラー発電 |がん保険の比較と選び方 | join|yahoo |

検索順位チェックツールseo-R Free PageRank Display